食べる 見る・遊ぶ 買う

広島・呉の「メロンパン」が「孤狼のパン」 映画「孤狼の血」続編とコラボで

広島・呉の老舗パン店「メロンパン」が映画「孤狼の血 LEVEL2」とコラボしたパン

広島・呉の老舗パン店「メロンパン」が映画「孤狼の血 LEVEL2」とコラボしたパン

  • 248

  •  

 クリームをたっぷり詰めたラグビーボール型のメロンパンが名物の広島・呉の老舗パン店「メロンパン」(呉市本通7)が7月1日、広島を舞台にした映画「孤狼の血 LEVEL2」とコラボした「孤狼のパン」の販売を始めた。

商店街には映画をPRする大型バナーも

[広告]

 コラボ商品の販売は、呉市マスコットキャラクター「呉氏」に次いで2回目。同社では、創業した1936(昭和11)年当時からの定番商品の人気が根強く、地元を中心に、親子3代で味わう人も多いことから、子どもからお年寄りまで食べられる味にこだわって商品開発を行った。

 味は1種類で、同社によると「今までにない味」という。パッケージは2種類用意し、「こいつは菓子か、惣菜か?」「なんもかんもぶっ壊れりゃええんじゃ味」とそれぞれ印刷し、映画の世界観を表現した。価格は1個240円。本店や福屋八丁堀本店、イオン府中などで取り扱う。

 同様のコラボでは、呉市れんが通りの八百屋「ベネスティー」(呉市中通3)は、映画の世界観を6種類のパッケージラベルで表現したトマトジュースを数量限定で販売する。日本酒「千福」を醸造する三宅本店(呉市本通7)もオリジナルラベルの大吟醸原酒を7月21日から限定販売。もみじまんじゅう製造販売の紅葉堂(廿日市市宮島町)は、「熱く赤い血」をイメージしたコラボもみじまんじゅうを考案し、7月20日から売り出す。

 撮影協力した「広島フィルム・コミッション」は、映画公開に先立ち、スマホを見ながらロケ地が巡りできるデジタルロケ地マップを作成した。グーグルマップを活用し、映画「孤狼の血」「孤狼の血LEVEL2」のロケ地や、ロケ地での撮影風景の写真、撮影のエピソードなどを閲覧できる。

 映画「孤狼の血」(白石和彌監督)は、柚月裕子さんのベストセラー同名小説が原作。1988(昭和63)年、暴対法施行前夜の広島での警察と暴力組織の人間模様を描いた。続編となる映画「孤狼の血 LEVEL2」は、「伝説の刑事」大上(役所広司さん)の遺志を受け継いだ松坂桃李さん演じる日岡刑事のその後を描いた完全オリジナルストーリー。撮影は、2020年9月~11月にかけて、広島、呉で行われた。

 映画の公開日は8月20日。公開に先んじて7月20日、完成披露プレミアを全国の一部劇場で行う。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース