食べる

広島に金沢カレー専門店「ゴーゴーカレー」 袋町電停そばに広島初出店

カフェプリモ跡にオープンした金沢カレー専門店「ゴーゴーカレー広島大手町スタジアム」外観

カフェプリモ跡にオープンした金沢カレー専門店「ゴーゴーカレー広島大手町スタジアム」外観

  • 51

  •  

 広島市内にゴリラがトレードマークの金沢カレー専門店「ゴーゴーカレー広島大手町スタジアム」(広島市中区大手町2、TEL 082-247-5500)が12月15日、広電宇品線の袋町電停そばにオープンした。

「ゴーゴーカレー」店内では券売機で食券を購入する

 カレー店のFC展開や商品開発・卸売・販売を手掛けるゴーゴーカレーグループ(東京都千代田区)が、カレーを通して地域に元気を届けたいと出店した。運営は、ハウセロ(安芸区中野東1)。中国地方では、岡山県と山口県に出店するが、広島への出店は今回が初めて。店舗面積は約18坪。客席はカウンター、テーブルの計39席。

[広告]

 金沢カレーは、濃厚でドロッとしたルーと添えられた付け合わせの千切りキャベツが特徴のB級グルメ。ステンレス製の皿に盛り付け、ルーの上には、ソースをかけたカツを載せて、フォークや先割れスプーンで食べる。

 メニューは、ロースカツやチキンカツ、ソーセージ、エビフライ、ゆで卵を載せたサービスメニュー「メジャーカレー」(1,200円~)、1番人気というロースカツカレー(750円~)、チキンカツカレー(750円~)、ゴーゴーカレー(550円~)、エビフライカレー(850円~)、お子様カレー(甘口、800円)など。辛さはプラス100円で、甘口、辛口へ変更できるほか、ライスの量は200~500グラムから選べる。客単価は約800円。テークアウトにも対応する。

 営業時間は10時55分~19時55分。