2年目迎えた広島駅前の「水上遊覧タクシー」-納涼遊覧も

写真=水上タクシー

写真=水上タクシー

  • 0

  •  

 広島駅南口、猿猴川(えんこうがわ)のほとりにある「水上遊覧タクシー」(広島市南区京橋町)が4月1日で2年目を迎えた。

 船長の三原征軍さん(TEL 090-6844-4870)は、戦後は貸しボート屋を営んでいたベテラン。貸しボートの需要が減少していく中、何らかの形で船に携わってきた。

[広告]

 ボート乗り場の猿猴川は堀が浅いため、運行日や運行時間は川の水量で決まる。毎日「潮見表」を見て運航を決めるという。

 利用客はファミリーや町内会の集まり、広島に帰省した人が多いが、夏になると瀬戸内海の無人島へキャンプに行く若い人も。同タクシーは桜の咲き始めころから紅葉のシーズンまで運営する。夏には宇品へ花火遊覧も可能。遊覧ルートや運航スピードもリクエストに応えるという。定員は5人までで、少人数からの運航も可能。

 三原さんは「船に乗ってみれば川も広く感じるし、街並みも違って見える。多くの人が乗ってよかったと言ってくれるのがうれしい」と昨年を振り返った。

 営業時間や運航日は特に決まっていないため、事前に問い合わせが必要。料金は、遊覧20分=1,000円、原爆ドーム・平和公園(1人)=1,500円、宮島(5人)=15,000円。

京橋川を「がん木タクシー」でクルーズ-水に映る逆さのツリーも(広島経済新聞)とんぼりリバークルーズが運行再開-水面から道頓堀を見物(なんば経済新聞)MM地区で水上タクシーの運行実験-航路に八景島など(ヨコハマ経済新聞)春の陽気で都心の水辺に歓声-90年目を迎えた東京初のボート場(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加