3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

尾道・瀬戸田を周遊バスで観光 「グリーンスローモビリティ」運行へ

尾道・瀬戸田町で運行が始まる「グリーンスローモビリティ」

尾道・瀬戸田町で運行が始まる「グリーンスローモビリティ」

  • 136

  •  

 広島・尾道市街地で実証実験していた「グリーンスローモビリティ」の運行が7月4日から、新たに瀬戸田町(生口島)で始まる。

尾道市街地を走る「グリーンスローモビリティ」

 JR西日本と尾道市が実施する「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」で、主に観光してもらうことを目的に、市街地や観光名所を期間限定で周遊バスが運行する。

[広告]

 尾道は、尾道駅から千光寺山ロープウエー前、新開などを巡る「尾道駅・久保周遊ルート」を走る。瀬戸田は運行ルートを2パターン設け、交流拠点「みなとオアシス瀬戸田」を起点に、平山郁夫美術館、耕三寺正面前を回る「しおまち周遊ルート」、サンセットビーチと往復する「サンセットビーチ往復ルート」がある。運航会社は、尾道=備三タクシー(尾道市山波町)、瀬戸田=本四バス開発(尾道市東御所町)。

 運賃は無料。空席があればどのバス停からでも乗車・下車できる。グリーンスローモビリティの位置情報や乗車人数はホームページでリアルタイムに確認ができる。瀬戸田の「サンセットビーチ往復ルート」は予約も受け付ける。

 運行期間は、尾道=7月1日~8月31日の月曜・水曜・金曜(9時45分~14時26分)、瀬戸田=7月4日~8月30日の土曜・日曜・祝日(10時~16時55分)。2020年秋から有償運行予定。

Stay at Home