買う

広島三越に「スーツに見える作業着」 女性向けやデザイナーズモデルも展開

売り場ではスーツに見える作業着「ワークウエアスーツ」を着用するスタッフも

売り場ではスーツに見える作業着「ワークウエアスーツ」を着用するスタッフも

  •  
  •  

 広島三越(広島市中区胡町)で現在、スーツに見える作業着「ワークウエアスーツ」が販売されている。

 スーツの持つフォーマル感に加え、作業着のような高機能性なストレッチ性、防水・速乾・撥水(はっすい)、多収納、洗濯可、形状記憶を兼ね備えた同商品はオアシススタイルウェア(東京都港区)が昨年3月に発売した。導入企業数は200社越え、同社の単月売り上げ目標の5倍を超える反響があるという。現在、全国の三越・伊勢丹でポップアップストアを展開しており、広島三越では4月30日より期間限定で販売会を開催。売り上げ好調で6月2日まで期間を延長する。

[広告]

 取り扱う商品は男性、女性向け「ワークウエアスーツ」、男性向けデザイナーズモデル「YZO(ワイゾー)」の2ライン。ワイゾーは、ワークウエアスーツの機能性をそのまま生かし、ビビットカラーのパイピングやカムフラージュ柄、袖の色が違うジャケットなど、オンでもオフでも使えるデザインを施す。価格は男性向けジャケット=1万6,000円~、パンツ=1万2,000円~、女性向けジャケット=2万1000円~、パンツ=1万4,000円~。全25型で展開する。

 購入者の年齢は幅広く、導入企業もサービス、販売や建設業、不動産業、公務員など多岐にわたる。同社担当者は「店頭で試着していただき、高機能性を体験してもらえたら」と話す。

 営業時間は10時30分~19時30分。

  • はてなブックマークに追加