見る・遊ぶ 買う

広島の「好日山荘」が紙屋町に再移転 「登山」に特化した品ぞろえ売りに

「好日山荘 紙屋町店」ファサードイメージ

「好日山荘 紙屋町店」ファサードイメージ

  •  
  •  

 登山・アウトドア用品専門店「好日山荘」が4月12日、パルコが運営する中低層商業施設「広島ゼロゲート」(広島市中区新天地)から紙屋町(基町、TEL 082-569-6031)に移転オープンする。

 移転先は広島ゼロゲート移転前に店舗を構えていた場所と同じ。店舗面積は約187坪。「登山」に特化した店づくりを行い、ビギナーからエキスパートまでカバーした登山用品を中心に売り場を構成する。商品在庫は約1万点以上という。このほか、会員対象に購入商品のメンテナンスやサポートを行うカウンターを設置し、人員態勢を整え、サポートを重視する。

[広告]

 広島ゼロゲートには2013年10月、施設開業と同時に移転した。登山やアウトドア愛好者以外の客にも登山用品の魅力を訴求するためにアウトドアアパレルやキャンプアイテムに力を入れ、ウエアブランドのインショップや商品の展示スペースを売り場内に展開しようと、売り場面積の大きな同所を選んだという。

 同社担当者は「移転は専門店として登山道具にこだわった商品ラインアップとスタッフの経験・知識を提供できる店として『好日山荘』を再定義するため、紙屋町に戻る事にした」と話す。

 営業時間は11時~20時30分(土曜・日曜・祝日=10時~)。

  • はてなブックマークに追加