買う

エディオン広島本店、新館が一時閉店 本館と6月に同時オープンへ

6月に同時オープンするエディオン広島本店本館・新館イメージパース

6月に同時オープンするエディオン広島本店本館・新館イメージパース

  •  

 エディオン広島本店(広島市中区紙屋町2)が4月下旬、新館を一時閉店する。建て替え中の本館とともに、6月にオープンする。

 完成後の本館の延べ床面積は約1万2626平方メートル。地上10階、地下2階建てて、全てが売り場にはならない予定という。新館は外壁の工事などを行い、売り場も改装する。延べ床面積は約1万1875平方メートル、建物は現在と変わらず地上10階、地下1階(駐輪場)となる。

[広告]

 本館は2017年4月、建屋の老朽化に伴い建て替え工事を開始。本店内で営業していたおもちゃや・ホビー、ゲーム、音楽・映像ソフト、プレイガイド、時計売り場は近隣の商業施設内に一時移転し、6月のオープンに合わせて本店に戻る。現在はおもちゃ・ホビー売り場「Never Land」=フタバ図書GIGA本通り店、ゲーム売り場「Never Land」、音楽・映像ソフト売り場「DISCCity」、プレイガイド=サンモール、時計売り場「WATCH SQUARE」=紙屋町地下街シャレオ西通りでそれぞれ営業する。

 オープンに向け、エディオンの担当者は「家電の使い心地を体験・体感したり、比較検討できたりする環境を整え、お客さまにワクワクしていただける店づくりを行う」と話す。