食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

広島駅南口に「エディオン蔦屋家電」 新業態で駅前再開発エリアに初出店

JR広島駅南口から徒歩1分の距離に位置する「エキシティヒロシマ」外観

JR広島駅南口から徒歩1分の距離に位置する「エキシティヒロシマ」外観

  •  
  •  

 エディオン(本社=大阪市北区)は12月9日、広島駅南口Cブロック市街地都市開発事業で建設された「EKICITY HIROSHIMA(エキシティヒロシマ)」商業棟に「エディオン蔦屋家電」をオープンすると発表した。

 「エディオン蔦屋家電」としての出店は初めて。商業棟1~3階フロアに構え、「居心地の良い時間を楽しむ 新しい発見に出会える家電店」をコンセプトに本や文具、カフェなどと融合させた空間づくりに力を入れる。

[広告]

 本や文具、カフェはTSUTAYA事業をはじめとするエンターテインメント事業を手掛ける「CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)」(大阪市北区)が供給する。同社が東京・二子玉川に出店した「二子玉川 蔦屋家電」(世田谷区)の家電をエディオンが供給したことがきっかけで実現したという。

 JR広島駅南口から徒歩1分の距離に位置するエキシティヒロシマは、商業棟=地下1階~地上11階、住宅棟=地下1階~地上46階から成る複合施設。延べ床面積は約3万241坪。駐車場台数は、商業棟=500台、住宅棟=240台を備える。

 オープンは2017年4月を予定。

  • はてなブックマークに追加