見る・遊ぶ

広島で来春、アーバンスポーツ世界大会「FISE(フィセ)」 今年に続き2回目

発表会に出席したアグレッシブインラインの岩田奈津子選手、パルクールの結城啓選手、BMXフリースタイル パークの中村輪夢選手、BMXフリースタイル フラットンドの西川佳宏選手(写真右)

発表会に出席したアグレッシブインラインの岩田奈津子選手、パルクールの結城啓選手、BMXフリースタイル パークの中村輪夢選手、BMXフリースタイル フラットンドの西川佳宏選手(写真右)

  •  

 旧広島市民球場(広島市中区基町)で来春、アーバンスポーツ(都市型スポーツ)の世界大会「FISE(フィセ) HIROSHIMA 2019」が開催される。一般社団法人日本アーバンスポーツ支援協議会と一般社団法人アーバンスポーツ大会組織委員会が11月15日、広島市内で発表した。

 広島での開催は今年4月6日~8日に続いて2回目。2019年大会は平成30年7月豪雨からの復興大会として開き、会場内で募金活動や選手によるチャリティーオークションなどを行いスポーツで広島を応援する。

[広告]

 競技種目は、「BMXフリースタイル パーク」「BMXフリースタイル フラットランド」「スケートボード ストリート」「パルクール」「ボルダリング」「アグレッシブインライン」「ブレイクダンスの7種目に加え、エキシビション種目として新たに「eスポーツ」「スポーツけん玉」「バトントワーリング」の3種目が加わる予定。「eスポーツ」はNTTクレドホールで行う。

 このほか場内の飲食スペースも拡充し、県産カキや日本酒、お好み焼き、汁なし担々麺などの地元グルメを充実させ、食とスポーツ、音楽を組み合わせたアクション・スポーツの祭典を目指す。

 発表会で日本アーバンスポーツ支援協議会副会長の太田雄貴さんは「FISE HIROSHIMAはスポーツ界に大きな発展をもたらした。今まで集客に苦しみ、有名でなかったスポーツがFISE HIROSHIMAを通してこんなにも集客できるということを証明した。これにより他競技団体が『負けてられない、一生懸命頑張ろう』と、いろいろな相乗効果が生まれてきている」とコメントする。

 今年4月の同大会にも出場したBMXフリースタイル パークの中村輪夢選手は「FISE HIROSHIMAは2回目なので、今回は表彰台に上がれるよう頑張りたい」と意気込みを見せる。

 開催期間は2019年4月19日~21日。動員目標は10万人。