見る・遊ぶ

広島・八丁堀の福屋南館、今秋リニューアルへ マッシュHDが監修

9月に「FUKUYA ADDICT(フクヤアディクト)」としてリニューアルオープンする福屋南館の外観イメージパース

9月に「FUKUYA ADDICT(フクヤアディクト)」としてリニューアルオープンする福屋南館の外観イメージパース

  •  

 広島・中央通りの福屋八丁堀本店南館(広島市中区胡町)が9月20日、「FUKUYA ADDICT(フクヤアディクト)」としてリニューアルオープンする。

「FUKUYA ADDICT」内観イメージパース

 2019年に創業90周年を迎える福屋が、「生活者の知的好奇心を刺激する、広島の新しいランドマーク」を目指して開業する。ファッションをはじめ、オーガニックやナチュラルコスメ、デザインなど多岐にわたって事業展開するマッシュホールディングス(東京都千代田区)がコンセプトやアーキテクト、インテリアとグラフィックデザインを手掛ける。

[広告]

 1階では洋服や雑貨、美容・健康アイテムを扱うほか、2階では「FUKUYA ADDICT」のコンセプト「POST luxe.」を体現し、ファッションコンシェルジュが来店客にアドバイスを行う。婦人服、雑貨、コスメとマルチな品ぞろえが特徴。

 各フロアでは婦人服ブランド「FRAY I.D」「CELFORD」をはじめ、オーガニック&ナチュラルコスメのセレクトショップ「Cosme Kitchen Beauty」など、広島初登場となる同社セレクトのブランドが出店する。スポーツ×モードをコンセプトに据える「emmi」は、ナイキやアディダスとコラボした限定スニーカーをはじめ、世界的スポーツブランド約15ブランドのシューズを展開する。

 同店担当者は「多くの方に楽しんでいただける高感度なコンセプトスペースを目指す」と話す。