見る・遊ぶ

広島でアニメ映画「この世界の片隅に」再上映 片渕監督、のんさん来場も

広島・呉市を舞台に戦時下の日常を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」

広島・呉市を舞台に戦時下の日常を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」

  •  

 広島市中心部にある映画館「八丁座」(広島市中区胡町)で8月3日、広島と呉を舞台に戦時下の日常を描いたアニメ映画「この世界の片隅に」の再上映が始まる。

 今年1月まで同館でロングラン上映をしてきた同作品。同館での再上映は今回が初めて。今月23日まで1日1回上映する。

[広告]

 8月6日の広島原爆の日を迎えるに当たり、同日、同館で片渕須直監督が舞台あいさつを行う。今年はのんさんも来場する。舞台あいさつ付き鑑賞券は7月28日から販売したが、初日には購入待ちの列もでき完売した。