食べる 見る・遊ぶ

広島に都心型ブルーベリー園 ファッションビル屋上で摘み取り体験も

ファンキー加藤さんが6月9日、同店屋上で開いたライブ前に紙屋町ブルーベリー園を訪れたオフショット

ファンキー加藤さんが6月9日、同店屋上で開いたライブ前に紙屋町ブルーベリー園を訪れたオフショット

  •  

 広島のファッションビル「サンモール」(広島市中区紙屋町2)屋上に6月9日、「紙屋町ブルーベリー園」が開園する。

 ブルーベリーの栽培は同ビル40周年の記念事業として2012年、屋上緑化の一環として着手した。屋上駐車スペースの一部、約400平方メートルを使い、山桜ブルーベリー園指導の下、水耕栽培で毎年ブルーベリーを育てている。

[広告]

 会期中はブルーベリーの摘み取り体験(100グラム500円)を先着順で受け付け、ブルーベリーの実が付いた株やミラクルベリーの苗を販売する。今月9日・10日・16日・17日には、ブルーベリーの栽培講習会や木工ワークショップを開き、同園で採れたブルーベリーを使ったスムージーやかき氷などのスイーツを販売するマーケットを企画。道の駅世羅も出店し、野菜や果物、世羅茶などを出張販売する。

 開園時間は11時~17時。入場無料。7月1日まで。雨天決行。