見る・遊ぶ

広島の百貨店で「ゆるスポーツ」体験 異色の短距離走「100cm走」も

2017年に西武池袋本店で行った「イタイッス」の様子

2017年に西武池袋本店で行った「イタイッス」の様子

  •  

 そごう広島店(広島市中区基町)で6月17日、気軽にスポーツを体験できる「アスレジャーデパート」が開催される。

 サッカーや陸上など、スポーツが盛り上がるシーズンに合わせ、スポーツを通して幅広い年代の集客を図ろうとそごう・西武全15店で今月5日から実施する本企画。会期中は誰でも気軽に参加できるスポーツイベントやスポーツウエアを取り入れたアスレジャーファッションの提案、サッカーボールアートの展示を行い、さまざまカテゴリーでスポーツの楽しさを体験できる。

[広告]

 同店では、年齢や性別、運動神経問わず、誰もが楽しめるという「ゆるスポーツ」を体験できる。プレーヤーの「トントン」という声に合わせて振動するステージ上で紙相撲力士を動かし、声でプレーする「トントン相撲」と100センチ(1メートル)をいかに遅く走るかを競う競技「100cm走」を行う。「100cm走」は厳しいルールが設定されていて、スピードよりも、集中力、体幹バランスが勝負の要となる異色の超短距離走という。

 開催時間は13時~、15時~。参加無料。

 このほか、各売り場では白いサッカーボールをキャンバスに見立て、広島で活躍する作家のアート作品を展示即売するチャリティー企画「サッカーボールアート展」も同時開催し、売上は全額サンフレッチェ広島にジュニア育成支援として寄付する。