3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

広島に「レーン焼き肉」 アミューズメント施設内のレストラン改装、二毛作営業へ

テーブル脇のレ―ンから料理が運ばれてくる「レ―ン焼肉ミスズ」店内

テーブル脇のレ―ンから料理が運ばれてくる「レ―ン焼肉ミスズ」店内

  • 87

  •  

 広島でボウリングやゴルフ練習場、レストランを運営するミスズガーデン(広島市佐伯区皆賀4)が同所で営業する「ミスズレストラン」を全面改装し、「レ―ン焼肉ミスズ」(TEL 082-922-2088)としてリニューアルオープンした。

 改装前は2002年からバイキング営業を行ってきた同店。「15年がたち、時代にそぐわなくなり、新たに違う業態へ変更する時期に来た」と店長の大山宗宏さん。ランチタイムはこれまで通りバイキング営業を継続するがディナータイムは焼き肉店に業態変更する。

[広告]

 改装部分は約50坪。席数は6人掛けテーブル10卓と4人掛けテーブル4卓の計76席。各テーブルにセットされたタブレット端末からメニューを選んで注文すると料理がテーブル脇のレ―ンから運ばれてくる。基本的にドリンク以外の料理はレーン配膳で提供し、食後はスタッフが食器を片づける。レーン配膳の導入は中国地方で初めて。

 メニューは神戸ビーフの特選上カルビ(1,680円)からリーズナブルなアンガス牛のカルビ(390円)まで幅広くそろえ、元ホテル料理長が作るサイドメニューにも力を入れる。客単価は3,000円~4,000円。

 大山さんは「食べる楽しみだけでなく、提供するところまで喜んでいただければ」と話し、昨今の人手不足解消や生産性の向上にも期待を寄せる。

 営業時間は17時30分~22時30分(金曜・土曜・日曜は23時30分まで)。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home