暮らす・働く

広島・横川に冊子型のエリア案内パンフレット-10年ぶりに発行

案内パンフレットのほか、横川の取り組みをまとめた冊子も発行している(写真左)

案内パンフレットのほか、横川の取り組みをまとめた冊子も発行している(写真左)

  •  
  •  

 横川商店街連合会が2月10日、エリア案内パンフレット「よこがわ手帖」を作成した。翌11日から掲載店舗で順次、配布を開始している。

 横川駅周辺の6つ商店街からなる横川の街を紹介するパンフレットの発行は10年ぶり。2005年にはA3サイズ4つ折りのフルカラー両面プリントで1万部発行したが、今回は一回り小さいA4サイズでフルカラー34ページに変更した。冊子型にすることで情報を増やし、地域の取り組みも紹介する。

[広告]

 掲載店舗数は約160店舗と10年前とほぼ変わらない。「名前が変わった店を数えると35店舗だった」と同連合会会長の高津明伸さん。営業時間やPRポイント、写真をグルメやファッション、物販など、カテゴリごとにそれぞれ掲載する。各店舗の情報は、JR横川駅周辺の店舗を紹介する「横川なう!」をベースに構成。ページ間にはイラストやコラムを挟み、読みやすさも意識した。

 発行部数は2万部。今月14日にJR横川駅前と横川シネマをメーン会場に開くイベントでも配布する。

  • はてなブックマークに追加