学ぶ・知る

広島の土砂災害に広がる支援の輪-サンフレッチェや福屋などで募金受け付け

福屋広島駅前店では1階総合案内所横に募金箱を設置した

福屋広島駅前店では1階総合案内所横に募金箱を設置した

  •  
  •  

 局地的な豪雨によって広島市安佐北区・安佐南区で発生した土砂災害に対する義援金の受け付けが8月21日、福屋八丁堀本店(広島市中区胡町)などで始まった。

イオンモール広島府中に設置された募金箱

 福屋八丁堀本店、福屋広島駅前店(南区松原町)では1階総合案内所横に募金箱を設置。五日市や尾道などの福屋10店舗でも22日・23日に順次、設置を予定する。義援金は日本赤十字社を通じて、被災者へ届ける。そごう広島店では本館1階、新館地下1階の総合案内所でそれぞれ受け付けるほか、グループ会社のセブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)約1万8000店でも同日から募金箱を設置して活動に取り組む。寄託先は7月からの台風や大雨による被害に見舞われた地域の各市町村としている。

[広告]

 サンフレッチェ広島は23日から試合会場の総合案内所やオフィシャルショップ「V-POINT」、サンフレッチェ広島事務所、吉田サッカー公園事務所と口座振り込みで受け付ける。「『がんばろう広島』のメッセージとともに、クラブ一丸となって復興活動を支援したい」とコメントを寄せた。スーパーマーケットを西日本で展開する「イズミ」(東区)は「ゆめタウン」「ゆめマート」、インポートブランドショップ「エクセル」など124店のサービスカウンターやレジなどに募金箱を設置。集まった義援金は市へ寄託する。

 県内のスーパーマーケット「フジ」にインストアとして薬局「メディコ21」を出店するレデイ薬局(愛媛県松山市)は広島県内24店をはじめ、「くすりのレデイ」「レデイ薬局」「メディコ21」全203店に募金を設置。義援金は日本赤十字社へ届ける。イオン(本社=千葉市)はイオンリテール、マックスバリュ西日本、山陽マルナカが運営する県内39店およびイオンモール専門店で支援募金を開始。寄託先は県としている。

 被災地域をピックアップしたフリーマガジン「まるごと安佐南&安佐北。」を発行するザメディアジョングループは、クラウドファンディングで復興支援を呼び掛ける。目標金額は100万円。今月末まで募集を受け付ける。このほか、広島市では口座振り込みと各区役所で22日から受け付けを開始。県内のコンビニでも義援金の募金を呼び掛け、ローソンは県内全172店の店頭で義援金を始め、県および日本赤十字社へ届ける。ファミリーマートも県内全200店で受け付けを始め、集まった義援金は市へ寄託する。

 設置期間は福屋全店、サンフレッチェ広島=未定、セブン&アイ・ホールディングス、イズミ、レデイ薬局、イオン=9月7日、ローソン=9月10日、ファミリーマート=9月12日、広島市=12月26日まで。

  • はてなブックマークに追加