食べる

広島にアサヒスーパーの「エクストラコールドBAR」-フィギアの高橋選手も来店

フィギュアスケーターの高橋選手とアサヒビール執行役員の黒木さん(写真右)

フィギュアスケーターの高橋選手とアサヒビール執行役員の黒木さん(写真右)

  •  
  •  

 広島・紙屋町に5月16日、「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR HIROSHIMA」(広島市中区紙屋町2、TEL 0120-340-179)が期間限定でオープンした。

氷点下で提供するビール

 5分以上、氷水に入れたグラスに氷点下の温度帯(-2~0度)で「アサヒスーパードライ」を提供するスタンディングバー。広島は昨年に続く2回目の出店。今年は東京・銀座や仙台、名古屋、大阪など、すでに展開しているエリアに札幌、六本木を加えた全国9カ所に拡大する。来店者数は全店で40万人、広島では昨年よりも5000人増の4万5000人を見込む。

[広告]

 店舗面積は約29坪。黒を基調にしたスタイリッシュな店内にはテーブル12卓をそろえ、スタンディング形式で46人が利用できる。メニューは「エクストラコールド」「ドライブラックエクストラコールド」「アサヒスーパードライ」(以上570円)など。チューハイやカクテルなど、低アルコール飲料ユーザー向けに提供する「ドライブラックBAR STYLE」(570円)にはライムやオレンジに新フレーバーのパイナップルが加わった。今年はドライプレミアム(600円)もコーナーを新設して提供を始める。

 フードは各店で異なり、「とり皮餃子~柚子胡椒ポン酢~」「カレーのフライドポテト」(以上350円)、「スパイシーチキン~ピリ辛オニオンマリネ添え~」(450円)、「ミートスパゲティーPIZZA」(500円)など。ドライプレミアムに合わせたメニューも3種類そろえる。オープン前日には昨年、終身名誉店長に就任したフィギュアスケーターの高橋大輔選手が来店。スタッフと同じユニホーム姿で初注ぎを披露した。

 営業時間は11時30分~23時(日曜・祝日は22時まで)。9月30日まで。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019