食べる

広島にスペシャルティコーヒーの専門スタンド-アパレルショップ内に出店

アパレルショップのレイアウトを変更。出入り口にもガラス面を取り入れて間口を広げた

アパレルショップのレイアウトを変更。出入り口にもガラス面を取り入れて間口を広げた

  •  
  •  

 広島・並木のアパレルショップ「SIDESTAND」(広島市中区三川町)内に10月31日、スペシャルティコーヒーを専門に扱うコーヒースタンド「SIDESTANDCOFFEE(サイドスタンドコーヒー)」(TEL 070-5302-5179)がオープンした。

ラテアートも提供する

 ショップインショップとして店を開いたのはオーナーバリスタの迎井呂佳さん。15坪のショップ出入り口付近に約2~3坪のスペースを設けて出店した。ドリンクはテークアウトが中心だが、店内にはカウンター3席も設け、イートインにも対応する。

[広告]

 取り扱うスペシャルティコーヒーとは、生産国での栽培管理や収穫、生産処理から選別、品質管理が適正に行われ、欠点豆の混入が極めて少ない生豆のこと。劣化のない状態で焙煎(ばいせん)され、豊かな風味が特徴。厳選した豆は生産量の5%ほどという。

 同店では8種類をそろえ、ラインアップは随時変更していく。コーヒーは全日本バリスタ競技大会で準優勝経験を持つ「Latte art cafe Crema」オーナーバリスタの竹崎智佳さんが監修。メニューは、エスプレッソやアメリカーノ、カフェラテ、カプチーノ、キャラメルラテ、ココナツラテなど10種類前後を用意する。

 価格はテークアウトとイートインで異なり、1杯200円~520円。カップに取り付ける簡易ドリップ(1人前160円~)やコーヒー豆(100グラム580円~)も販売する。「日常にあふれる『おいしい』をより気軽に味わっていただきたい」と迎井さん。「TPOに合わせたシチュエーションでも楽しんでもらいたい」とも。

 営業時間は9時~19時。火曜定休。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019