3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

広島・立町にアメリカンスタイルのチョコレート専門店-専門学校が企画

生チョコプリンやアイス大福、キャラクターの表情が一つひとつ異なるクマのクッキー(以上150円)なども扱う

生チョコプリンやアイス大福、キャラクターの表情が一つひとつ異なるクマのクッキー(以上150円)なども扱う

  •  
  •  

 広島・立町に5月3日、チョコレートのテークアウト専門店「S.amer(エス・アメール)」(広島市中区立町、TEL 082-544-0118)がオープンした。

いちごのショートケーキをカップに入れて仕上げた新作スイーツ

 同店は広島酔心調理製菓専門学校(西区福島町2)がプロデュースするアメリカンスタイルのチョコレート専門店。「働きながら学ぶ」をコンセプトに、同校の製菓衛生師科を卒業した研究生5人が店舗運営や菓子の製造などを行う。

[広告]

 店舗面積は約7坪。店内は白とピンクを基調に統一。ショーケースにはカラフルなマカロンにバタークリームと生チョコをサンドした「キャンディーポップ」(100円)や、アメリカンマフィンにクリームを搾り唇の形をした赤いリップチョコレートを飾った「リップマフィン」(200円)、一口サイズのチョコレートなどを並べる。

 このほか、グミやスコーン、マドレーヌ、ケーキ、プリンなど、ポップな色使いの菓子を約100種類そろえる。価格帯は1個100円~500円。「中高生も購入しやすい価格帯だと思う」と同校広報の宇山嚴太郎さん。手土産としての利用もあることからギフトボックスも充実させる。客単価は1,000円前後。

 同校では昨年度から製菓衛生師科で研究生制度を導入。働きながら学ぶシステムを実現するための店舗をプロデュースした。

 営業時間は11時~18時(商品が無くなり次第閉店)。

Stay at Home