暮らす・働く

広島でサブカルチャーの複合イベント-アニメや漫画に特化

「AniPrism(アニプリズム)」イベント告知ポスター

「AniPrism(アニプリズム)」イベント告知ポスター

  •  

 広島県立産業会館(広島市南区比治山本町)で3月30日・31日、アニメや漫画などのサブカルチャーを複合させた総合イベント「AniPrism(アニプリズム)」が開催される。

 「プリズム」「アニメ」を合わせた造語をタイトルに掲げるイベントは、広島から平和とともにサブカルチャーを発信しようと集まった「中国放送」「合同会社メビウスリンク」「アトリエリア」から成る実行委員会が主催する。

[広告]

 「さまざまなコンテンツを組み合わせた総合イベントを目指した」とアトリエリア代表の貫田雅剛さん。オールジャンルのサブカルチャーを集め、アニソンカラオケ大会やローカルアイドルが出演するステージイベントを中心に展開する。

 コスプレのほかミリタリーファッションショーも開き、漫画やアニメ、ゲームなどに関連するキャラクターや、メーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付け、塗装を行うなどして装飾した自動車「痛車」100台も登場。企業や個人も会場にブース出展し、約20ブースが並ぶ。

 アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の名シーンに沿って世界観を再現する展示イベントも同時開催。館内の飲食店は「魔法少女まどか☆マギカカフェ」として営業し、オリジナルメニューを提供する。来場者層はコスプレ参加者もある10~20代を中心に見込む。

 開催時間は、30日=11時~20時、31日10時~18時。一部有料。