食べる

父の日には「牛乳(ちち)」を贈ろう-広島で牛乳消費拡大キャンペーン

先着100人に1リットルの試飲用牛乳の配布と乳搾り体験

先着100人に1リットルの試飲用牛乳の配布と乳搾り体験

  •  
  •  

 6月の第3日曜「父の日」にちなんで、「お父さんにも牛乳(ちち)をたくさん飲んでもらいたい」と湯来町砂谷(さごたに)酪農部と広島市が企画したキャンペーンが6月17日、マダムジョイ楽々園店(広島市佐伯区楽々園4)で行われる。

アイスクリームの製造体験も行っている「砂谷牛乳」

 牛乳の消費拡大による酪農振興や地産地消の推進などを目的に開くキャンペーンは、2008年から毎年実施。2010年には、宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の影響を受け中止したが、以降は佐伯区内で場所を変えながら継続して開催している。

[広告]

 会場には、親牛・子牛各1頭が登場。1リットルの試飲用牛乳100本を配布するほか、乳搾りや子牛と触れ合える参加型の企画を予定。子ども連れのファミリーが多く、特に子どもの参加が目立つという。当日は、広島市内から車で1時間ほどの場所にある「砂谷牛乳」の牛乳やヨーグルトも販売する。

 開催時間は10時30分~12時。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019