買う

広島・白島にインテリア店-元同僚らが独立、家具と空間を組み合わせて展示

店内の照明や植栽にもこだわる

店内の照明や植栽にもこだわる

  •  

 北欧を中心としたインテリア家具の販売と空間リノベーションを手掛ける「SLAP MOBLER & WALL(スラップモブラー&ウォール)」(広島市中区白島九軒町、TEL 082-511-3399)が3月18日、白島にオープンした。

バスや車の往来がある通りに構えた同店

 同店は約10年前、他業種のメーカーに勤めていた3人の会社員が出店。職場の同僚として、3人が同時期に働いていた期間は2年だったが、「やりたいことの共通項があった」と山田俊久社長。その後も定期的に集まり、食事をしながら仕事やそれぞれの夢について語り合い、運営会社「トレカンテット」(同)を創業した。

[広告]

 外光が差し込むよう、通りに面した壁にはガラスをはめ込んだ同店の店舗面積は約30坪。LDKを想定した店内には、取り扱うフリッツ・ハンセンなどの家具を並べ、壁もリビングやダイニングなど、シーンごとに水性ペイントで色を変えた。それぞれの家具を引き立たせる壁を合わせることで、来店客に生活空間を連想してもらう工夫を施した。グラスやキャンドルなど、生活雑貨もそろえる。

 「予算やライフスタイルに応じた提案をしたい」と顧客との会話を重視しする同店。予算内で組み合わせができるよう、メーカーの家具だけではなく、オーダーメードにも対応しコーディネートの選択肢を増やす。

 営業時間は11時~19時。火曜定休。