3密を避けて新しい生活様式へ!

買う

広島に輸入家具・雑貨を扱うセレクトショップ-工務店が新事業で開く

ヨーロッパからの輸入家具や雑貨を扱うヒポポタム店内には、リビングをイメージしたスペースも

ヨーロッパからの輸入家具や雑貨を扱うヒポポタム店内には、リビングをイメージしたスペースも

  • 0

  •  

 広島市郊外の大型SC「イオンモール広島府中ソレイユ」近くに2月26日、輸入家具や雑貨を中心に扱うセレクトショップ「hippopotame(ヒポポタム)」(安芸郡、TEL 082-236-6870)がオープンする。

マンションとアパートの間に立つ同店

 国道2号線そばのマンションやアパートが並ぶ一画に構えた同店は、注文住宅や不動産の賃貸などを手掛けるオールハウス(安芸郡)が経営。顧客サービスの延長として新事業を始めた。店舗は、社屋として新設した2階建てビルの1階・2階フロアを使って開く。店舗面積は各フロア約50坪。2階にはセミナールームを設け、取引先との商談や社員を対象にした勉強会、一般向けのワークショップなどに利用するという。席数は約50席。

[広告]

 来店客にはファミリー層や女性を想定。平日は主婦を中心に見込むことから、建物のエントランス付近に用意した約10坪の庭は、「子どもが遊べるようにしたい」と同社の今村進吾取締役。芝生を敷くなど、整備を進める。

 店内は木目と白を基調に統一。中央に作った木製の階段で、1階と2階フロアを行き来する。インテリアは、「Ethnicraft」「airdeje」など5つのヨーロッパブランドを取り扱う。「シンプルで飽きが来ない家具を中心に、ファミリー向けの商材を多めにラインアップする」という。

 雑貨は日本での流通が少ない商品の取り扱いに力を入れ、インテリアや生活雑貨、幼児向けのアイテムを用意した。一部の雑貨を除いて、商品はメーカーから直接仕入れることで価格帯を抑え、「トレンドの新しい商品を積極的に入荷していきたい」とも。

 同社が運営する不動産賃貸の店舗では、成約者に同店の雑貨を進呈するキャンペーンを行うなど、事業の垣根を超えたプロモーションにも力を入れる。

 営業時間は11時~20時(土曜・日曜は19時まで)。水曜定休。

Stay at Home