プレスリリース

広島みはらプリン 第1回認定式を2月18日(金)に行います

リリース発行企業:株式会社空・道・港

情報提供:



 広島県にある三原市や三原商工会議所、地域連携DMO、市内の団体などで構成する、「広島みはらプリンプロジェクト実行委員会」(会長:三原商工会議所森光孝雅会頭、以下「実行委員会」)は、広島みはらプリンの第1回認定式を、広島県三原市にある「道の駅 みはら神明の里」にて、2月18日(金)に実施いたします。

■広島みはらプリン認定式
 日時 : 2022年2月18日(金) 16:00~17:00
 場所 : 道の駅 みはら神明の里(広島県三原市糸崎4丁目21-1)
 内容 : 飲食店様や菓子・惣菜製造業様からエントリーいただいたデザート
      プリン、またはデリカプリンについて、2月15日(火)に審査を実施し、
      広島みはらプリンに認定されたプリンを発表いたします。
      認定されたプリンを提供いただく飲食店様や菓子・惣菜製造業様には、
      岡田吉弘三原市長、森光孝雅実行委員会会長より、幟旗やポスターなどを
      お渡しいたします。


 認定されたメニュー、商品は、2月18日(金)より、各店舗にて順次販売いたします。

 また、2月15日(火)の審査、2月18日(金)の認定式に向けて、広島みはらプリンを開発・製造・販売していただく飲食店様や菓子・惣菜製造業様のエントリーを受け付けております。エントリーシートに必要事項をご記入いただき、1月31日(月)までに、実行委員会までご連絡、エントリーをお願いいたします。認定やエントリー方法については、広島みはらプリン公式ホームページをご確認ください。
https://広島みはらプリン.jp(https://bit.ly/hm-pudding

 2021年11月1日~30日に、公式ホームページにてレシピアイデアを募集、82件の応募をいただきました。三原市民・飲食関係の皆さま、高校の取り組みとして応募いただいた高校生、三原市外の方や東京の方からと、様々な皆さまからの応援をいただきました。応募いただいたレシピアイデアで使用している三原の食材は、「たこ」が最も多く、次いで「たまご」、「神明鶏」、「桃」、「日本酒」、「トマト」の順となりました。他にも、フルーツや野菜、米穀類、パンやお菓子など、色々な食材を使用したアイデアをいただきました。
 いただきましたレシピアイデアは、参加いただく飲食店様や菓子・惣菜製造業様に共有し、広島みはらプリンの開発の参考にしていただいております。
 
 実行委員会は、「広島みはらプリン」を活用して、三原市民・事業者とともに三原市を盛り上げて、三原市の魅力を全国に発信してまいります。

■広島みはらプリンとは
 広島みはらプリンとは、「三原を応援する人(店)による、三原の食材を1つ以上使用し、三原のまちや食材への思いを表現したプリン」です。
 三原市は、海と山に囲まれ、季節を彩る果実や野菜、自然が育んだ牛や鶏、瀬戸内海のタコや魚など、山の幸、海の幸、里の幸が沢山あります。そんな豊かな自然と三原の人々が育んだ食材を、親しみやすいプリンにして楽しんでいただくのが「広島みはらプリン」です。
 一般的な甘いプリン“デザートプリン”と、農水畜産物を入れたおかずになる惣菜プリン“デリカプリン”を展開してまいります。(プリンの語源である「プディング」は、蒸し焼きされた惣菜系料理の総称と言われています)

■審査・エントリー・認定式に関するお客様からのお問い合わせ先
広島みはらプリンプロジェクト実行委員会(三原商工会議所内、担当:星野(ほしの))
電 話 : 0848-62-6155
時 間 : 平日9:00~17:00
メール : info.hmp@mhr-cci.or.jp

広島みはらプリンプロジェクト実行委員会


※広島県の三原・世羅地域の資源を活かした観光地域づくり法人(DMO)を目指す株式会社空・道・港は、広島みはらプリンプロジェクト実行委員会の構成員として、広島みはらプリンのプロモーションを担当しております。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース