広島のライブハウスで日本酒と音楽がコラボ-日本酒の普及狙う

藤井酒造の「龍勢」を手に持つ大和屋酒舗店長の大山晴彦さん

藤井酒造の「龍勢」を手に持つ大和屋酒舗店長の大山晴彦さん

  • 0

  •  

 日本酒をライブハウスで楽しむ酒と音楽イベント「Hiroshima Sale Live」が3月22日、ライブハウス「Live Cafe Jive(ジャイブ)」(広島市中区薬研堀)で行われる。

当日振る舞う日本酒

 広島の歓楽街・薬研堀周辺の酒屋「大和屋酒舗」(胡町)、居酒屋「ちょこっと屋」(銀山町)、ジャイブの3店舗が共催する同イベント。ライブハウスでイベントを行うことで普段、日本酒に触れ合うことのない層への普及を狙う。

[広告]

 当日は、広島県・藤井酒造(竹原市)の「龍勢」を純米大吟醸や純米吟醸、特別純米酒など5種類(300円~)をフルートグラスで提供。つまみ(300円~)も用意する。会場は「立食パーティーのような雰囲気」と大和屋酒舗店長の大山晴彦さん。当日は、藤井酒造の蔵本・藤井善文さんによるトークショーや生ライブで会場を盛り上げる。

 これまで不定期に同様のイベントを行ってきた大山さん。「繰り返しやっていかないといけない」と「復活」させたイベントでは、「『広島』という共通のキーワードで広がっていくように」蔵本、居酒屋、ミュージシャンを集めた。

 「なかなか手作りの酒に触れる機会がないのでそのきっかけになれば」と大山さん。イベントは、3店舗の利用客層が異なることから、今後は3カ月に1回のペースで行い、定着を目指す。

 開催時間は18時~21時。チケットは1,000円(1ドリンク付き)。問い合わせは大和屋酒舗(TEL 082-241-5660)、ちょこっと屋(TEL 082-245-7770)まで。

Stay at Home