「広島風お好み焼き」にそっくりなスイーツ-そばはモンブランで表現

卵は栗、そばはモンブランで作られている「お好み焼きそっくりなマロンケーキ」

卵は栗、そばはモンブランで作られている「お好み焼きそっくりなマロンケーキ」

  •  
  •  

 老舗和洋菓子製造販売メーカー「虎屋本舗」(福山市)がそごう広島店(広島市中区基町、TEL 082-225-2111)で販売している「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」「お好み焼きそっくりなマロンケーキ」の売れ行きが、好調だ。

売り行きが好調な「たこ焼き」

 販売するのは、2003年6月から販売を始めた「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」(8個入り、630円)、「お好み焼きそっくりなマロンケーキ」(15センチ、1,680円)、「お好み焼きそっくりなチョコケーキ」(15センチ1,680円)、「餃子饅頭」(6個入り、630円)の4種類。

[広告]

 特に売れ行きが好調なのは「たこ焼きにしか見えないシュークリーム」と、販売する食品フロアの谷森修さん。1日平均で約100個を販売する同商品は、直径5センチほどのシュークリームにソースに見立てたチョコレートなどをトッピングした「たこ焼き」。花がつおはチョコレートを薄く削り、青のりは抹茶で表現している。

 広島風のお好み焼きに似せたマロンケーキはそばをモンブランで作り、たこ焼きと同様にチョコレートのソースと花がつおなどを散らした。大福のような食感を楽しめる「餃子饅頭」はギョーザの中に粒あんを入れ、黒みつのタレをつけて食べる。手ごろな価格や食べやすさからたこ焼きやギョーザがよく出るという。

 購入客は、17~19時の帰宅時に買い物帰りの主婦やビジネスマンが多いという。同社では、今週末にホワイトデーも控えていることから、「しゃれっ気のあるものを」(同)と海鮮丼に見立てた「海鮮デザート」(3種セット、1260円)の販売も週末に予定している。

 営業時間は10時~20時。販売は14日まで。商品は同社HPでも販売する。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019