天気予報

26

14

みん経トピックス

「江戸黒染め」ジーンズマーベラスクリーム初路面店

広島駅そばに「オタク初心者」向けメード喫茶-新球場移転を見込み開業

  • 0

 「オタク初心者」向けのメード喫茶「めいぷりてぃ広島駅前店」(広島市南区猿猴橋町、TEL 082-261-6768)が2月17日、広島駅の高架そばにオープンした。

メード喫茶で販売するオリジナルTシャツ

 同店は、広島・大手町の「オタク街」(同店マネージャーのサキさん)に店を構える「めいぷりてぃ大手町店」と異なり、メード喫茶に始めてくる客や女性が立ち寄れるよう「オタク色を薄くした」(同)初心者向けの店。壁面をピンクでカジュアルな表現し、アニメソングを流している大手町店とは対照的な店内は、白を基調にシンプルにまとめ、音楽もサウンドトラックなど控えめにした。テーブルには小花柄のテーブルクロスを掛けて女性客を意識。席数は34席で、店内の窓側の席からは行き交う電車を見ることもできる。

 メニューは、リクエストに応えてメードが目の前でイラストや文字を描く「おえかきオムライス(スープ付き)」(1,000円)、「おえかきほっとケーキ」(650円)、広島菜のパスタ(850円)、大ジョッキに入った「BIGコーラ」(700円)、ブレンドコーヒー(450円)、紅茶にメープルシロップを入れてメードが席で混ぜる「めいぷりティー」(500円)ほか。大手町店と広島駅前店をはしごする客もいることからオリジナルメニューや「広島の特産品を使ったメニューを増やしていきたい」(サキさん)という。

 客単価は約1,500円で、利用客層は大手町店と同様に大学生からビジネスマン、中学生や女性での1人利用や「オタク同士のコミュニティースポット」としての利用を見込む。メードと一緒に話をしたい人や話し込む人が多く、「まったりして帰る人が多い」(同)とも。

 今後は、「メード未体験の人にも来てもらえるような店にしたい」とサキさん。新球場の移転を合わせて同所へのオープンを決めた同店では、新球場が稼動を始めてからの集客に期待を寄せる。

 営業時間は、月曜~土曜=12時~22時、日曜=12時~21時。月曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

中央通りで開いた「HIROSIMAゆかたCOLLECTION」の様子(関連記事)
[拡大写真]

アクセスランキング