クリエーターの手作りスタンド100点を展示-広島で「あかり百人百灯展」

明かりを落とした室内に展示されるクリエーター手作りのスタンド

明かりを落とした室内に展示されるクリエーター手作りのスタンド

  • 0

  •  

 クリエーター手作りのスタンド100点を展示する「あかり百人百灯展」が2月3日から、NHK広島(広島市中区大手町2)2階のギャラリーで始まる。

 同展は、「あかりの日」を通じて「あかりの文化」の啓発をテーマに東日本から全国10カ所で順次開催されている。広島では、全国のインテリアコーディネーターやクリエーターから応募があった214点の中から選ばれた約100点を展示する。見どころは手作りのスタンドとユニークなアイデアの作品で、「見応え十分」と主催する大光電機広島営業所(住吉町)の金田貴子さん。

[広告]

 会期中はギャラリーの照明を落として、明かりで幻想的な空間を演出する。同展の開催は、今年で12回目を迎え、広島での展覧回数は5回目。

 「あかりの日」は、エジソンによって開発された白熱電球が40時間点灯した1879年10月21日の偉業をたたえて、照明学会をはじめ照明関係4団体(日本電球工業会、日本照明器具工業会、日本電気協会)が1981(昭和56)年に「10月21日」と制定した。

 開催時間は9時30分~18時。入場無料。2月8日まで。

  • はてなブックマークに追加