広島で「映像制作」テーマに講演会-テレビ各局のディレクターが登壇

広島フィルム・コミッションが協力した、アジアのスターに広島の魅力を体感してもらうプロジェクト「Welcome to Hiroshima Project 2008」でお好み焼きを焼く、第1回ゲストの韓国歌手ソン・ホヨンさん。

広島フィルム・コミッションが協力した、アジアのスターに広島の魅力を体感してもらうプロジェクト「Welcome to Hiroshima Project 2008」でお好み焼きを焼く、第1回ゲストの韓国歌手ソン・ホヨンさん。

  •  
  •  

 広島を舞台にした映画やドラマのロケーション撮影を支援する広島フィルム・コミッション(広島市中区中島町1)は1月17日、広島で映像制作を学ぶ学生や映像制作に関心のある人を対象にした講演会「サポーターズミーティング」を広島市まちづくり市民交流プラザ(袋町6)で開く。

 広島フィルム・コミッションを広めることを目的に昨年から開催している同講演会は、毎回異なるテーマを掲げ、各界のプロをゲストに招いている。今回のテーマは「広島からの映像発信力を、学ぶ!」。講師には、広島のテレビ各局による協力の下、ドキュメンタリーやドラマ、バラエティーなど番組の制作に携わるディレクター5人が放送局の垣根を越えて登壇。映像や解説を交えた講演を1人あたり20分間ほど行う。

[広告]

 講演の後は、参加者をいくつかのグループに分け、各講師を囲んで約1時間のディスカッションを行う。気軽に質問できる環境を作り、参加者の関心を高めるのが狙い。映像制作を行うには東京へ行くケースが目立つが、「広島からも情報発信ができること知ってもらいたい」と同フィルム・コミッションの西崎智子さん。

 開催時間は17時~20時。入場無料。定員は110人を予定。問い合わせは、広島フィルム・コミッション(TEL 082-247-6916)まで。

  • はてなブックマークに追加