広島の百貨店、福袋出そろう-「エコ」「安心」「アラフォー」など世相反映

そごう広島店で今日から展示されているマツダの「新型ロードスター」

そごう広島店で今日から展示されているマツダの「新型ロードスター」

  •  
  •  

 そごう広島店(広島市中区基町)が12月26日に2009年の福袋を発表し、広島中心部の百貨店の福袋が出そろった。各店舗が販売する福袋は、「アラサー」「アラフォー」「安心」「安全」など今年流行したキーワードを意識した福袋や参加体験型の福袋が目立つ。

 最も早く販売を行ったのは福屋(胡町)。12月3日~20日にインターネットで事前に予約を受け付けていたオンライン福袋を販売し、同25日には店頭で販売を行った。これまで、女性向けのファッション福袋(10,500円)が中心だった同店は、今年は「誰でも安心して使えるものを」(広報担当の奥田穣さん)と安心感と実用性の高いアイテムを用意。羽毛布団が入った寝具福袋「冬のあったか福袋」(15,750円)は予約券を配布する時点で完売する人気をみせた。福屋広島駅前店では同福袋の販売は行っていない。

[広告]

 広島三越店は、「安心・安全」「生活応援」「エコ」「アラフォー」などの流行をテーマに取り入れた。来年のえととかけた「モウモウ牛肉福袋」(5,000円)、ダイヤの宝飾品3点が入る「末広ジュエリー夢袋」(888,888円)、24金のミニだるま、金の根付が含まれる「開運 黄金福袋」(280,001円)と華やかさや縁起のいいものをそろえた。

 天満屋八丁堀店は、「ハニカミ王子」こと石川遼選手がプレーしたゴルフコースでプレーする「東児が丘マリンヒルズゴルフパック」(30,000円~)、バレンタインに高級外車での出迎えやリーガロイヤルホテル広島での食事、宿泊が楽しめる「プレミアムデート」(50,000円)など、5人の若手社員が考案した福袋5種類を用意する。

 そごう広島店は、地場企業やスポーツ、音楽団体とコラボした福袋がメーン。12月にマイナーチェンジが発表されたマツダの「新型ロードスター」に瀬戸内海が臨める岡山県牛窓のリゾートホテル宿泊セット(315万円)、カープの春季日南キャンプに参加福袋(80,000円)、J1復帰とJ2優勝を果たしたサンフレッチェの選手とミニゲームなどを体験できる福袋(55,320円)、エステやフカヒレのコース料理がセットになった「アラサー福袋」(29,000円)、「アラフォー福袋」(39,000円)など参加体験型の福袋が多い。いずれの福袋も応募者多数の場合は抽選になる。

 初売りは、福屋駅前店、広島三越店、天満屋八丁堀店、そごう広島店は2日から、福屋は3日から。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019