サンフレッチェ、広島ビッグアーチで最終戦-試合後にセレモニーも

ビッグアーチを紫に染めようと配布される応援パネルには「ALL FOR J1」の文字や選手のサインも印刷されている。

ビッグアーチを紫に染めようと配布される応援パネルには「ALL FOR J1」の文字や選手のサインも印刷されている。

  •  
  •  

 12月1日にJ1への正式復帰が決まったサンフレッチェ広島は同6日、今シーズンの最終戦を広島ビッグアーチ(広島市安佐南区)で締めくくる。

 昨年、J2への降格が決定したサンフレッチェは、今期のスローガンに「ALL FOR J1」を掲げ、1年間でJ1への復帰を目指してきた。9月23日に行われた愛媛FC戦でJ1への復帰を果たし、同28日のセレッソ大阪戦でJ2優勝を決めた。勢いは衰えず、11月15日に開催された「第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会」5回戦を突破、シーズン終了後の今月20日に桃太郎スタジアム(岡山県)で準々決勝に臨む。

[広告]

 ホームタウン広島で開催される最終戦では、チームカラーの紫を全面に使用した「Thank for All記念バッジセット」「応援パネル」をそれぞれ先着2万人に配布する。「ALL FOR J1」と書かれた缶バッジとサンフレッチェのロゴピンバッジがセットになった記念バッジの台紙には、サンフレッチェ広島選手会長の佐藤寿人選手のメッセージが入る。ビッグアーチを紫に染めようと配布される応援パネルの片面は紫色、反面には選手や紫に染まったスタンドのサポーターが写真と選手のサインが印刷されている。

 試合終了後は、監督がサポーターに向かってあいさつし、選手とともにグラウンドを回るセレモニーを予定する。

 最終戦の対戦相手は徳島ヴォルティス。キックオフは12時。

  • はてなブックマークに追加