映画「花様年華」がコンセプトのカフェ-地蔵通りのアパートに開業

映画「花様年華」を店内のイメージコンセプトにしたカフェ「シャララ」

映画「花様年華」を店内のイメージコンセプトにしたカフェ「シャララ」

  • 0

  •  

 映画「花様年華」を店内のイメージコンセプトにしたカフェ「shya-la-la(シャララ)」(広島市中区小町1、TEL 082-246-3028)が8月下旬、地蔵通りにオープンした。

 店舗面積は約11坪。大きな窓と壁面の丸い鏡が特徴的な同店は、イギリス領地だった1962年の香港が舞台の映画「花様年華」を内装のコンセプトにした。同店では、アジアとヨーロッパ双方の雰囲気を混在させたような雰囲気を空間に演出しようと照明を薄暗く設定し、什器にはアンティークを用いた。

[広告]

 利用客の9割は20~40代の女性。夜の利用が多く、20代はカフェメニューのように丼とお茶、30代はアルコールとつまみのフードの注文を注文するという。人気メニューは、生っぽさにこだわった「生キャラメルチーズケーキ」か「生チョコレートケーキ」のどちらかとドリンクがセットになった「ケーキセット」(850円)や18時からのフードメニューでは、「サーモンとアボカドのサラダ」(780円)や「バジルチキン丼」(850円)など、アルコールのあてになるようなメニューも多い。

 DJブースやミラーボールを設置している店内では毎月イベントを開催。「光の三原色」をテーマに店内を真っ赤にするイベントなど音楽系に関わらず開催している。

 古着屋「カシュカシュ」と同じビルで、カフェ「gram(グラム)」や看板のない串揚げ店「串揚げ銭屋」の店舗跡にオープンした同店。オーナーの梅田愛生(あいき)さんは「10年くらい前に広島で1番カッコいいと思っていたカフェと同じ場所に店を構えるとは」と感慨深く話す。並木から平和大通りを挟んだ閑静な地蔵通りに位置する同店。梅田さんは、「刺激が癒しになるような新しいカフェにしていきたい」と笑う。

 営業時間は平日=14時~翌3時、土曜・日曜・祝日前日=14時~翌4時。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加