ドラえもんご当地ネクタイに新柄「宮島」-広島の名物とコラボ

写真=新柄のドラえもんご当地ネクタイ「宮島」

写真=新柄のドラえもんご当地ネクタイ「宮島」

  •  
  •  

 広島の名物とドラえもんが描かれる「ドラえもんご当地ネクタイ」に新柄の「宮島」が加わり、天満屋広島八丁堀店(広島市中区胡町5、TEL 082-246-5111)6階の紳士服フロアで9月18日から発売されている。

 ドラえもんのご当地ネクタイは昨年6月に天満屋福山店(福山市)で父の日に合わせて商品展開されたもので、「鯛網漁」「畳表」など地元の伝統行事とドラえもんが描かれている。今年3月には、広島名物の「もみじまんじゅう」、「路面電車」とコラボしたネクタイが、広島市内の天満屋で発売開始となった。広島限定の絵柄は、上記に「お好み焼き」を加えた4絵柄。

[広告]

 新柄の「宮島」は、宮島の地図に朱色の大鳥居やもみじ、しゃもじといった名物と空を飛ぶドラえもんが描かれ、秋冬シーズンに合わせて、えんじ、モスグリーン、グレー、紺と落ち着いた4色で展開する。基本的にどの絵柄のネクタイでも4色を展開しており、春はピンクやイエローなどのパステルカラーを用意するなど、シーズンに応じた色味の商品を販売する。

 人気の絵柄は、ワンポイントで描かれたドラえもんがアクセントとなる「もみじまんじゅう」ネクタイ。プレゼント用に購入する女性が多く、「30~40代の働き盛りのビジネスマンへ向けて購入する人が多い」と同店販売促進チームの平川徹さん。

 ネクタイは1本4,095円で、広島市内の天満屋で販売している。同店では発売開始から約200本を売り上げている。

  • はてなブックマークに追加