広島の老舗「むさし」、限定メニューで創業の味復刻-創業50周年で

写真=創業50周年を記念して販売される田舎うどんと卵むすびがセットになった「復刻セット」

写真=創業50周年を記念して販売される田舎うどんと卵むすびがセットになった「復刻セット」

  •  
  •  

 9月で創業50周年を迎える広島の老舗、むすびの「むさし」(広島市中区榎町、TEL 082-291-6340)が9月1日から、期間限定メニューを販売している。

 限定メニューは、ゴボウ・ニンジン・キャベツで作ったはんぺん状のかき揚げが入る「田舎うどん」(450円)、白い三角のむすび2つに半熟の煮卵やにんじんなどのおかずがセットになった「卵むすび」(600円)、田舎うどんと卵むすびがセットになった「復刻セット」(750円)の3種類。「創業当時の懐かしい味を復刻させた」と総務の酒井さん。期間中、5,000食の販売を見込む。

[広告]

 同店では、これまで奥田民生さんの「民生弁当」などコラボしてきたが、周年イベントは今回が初めて。田舎うどんと卵むすびは持ち帰りも可能で、販売は県内8カ所の「むさし」で9月9日まで行う。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019