平和公園・元安川沿いに常設カフェレストラン-外国人の利用多く

写真=カフェ・ポンテ外観

写真=カフェ・ポンテ外観

  •  
  •  

 平和公園内の元安川沿いに8月1日、常設のカフェレストラン「カフェ・ポンテ」(広島市中区大手町1、TEL 070-5679-9134)がオープンした。料理提供はアール・ブランチ(三原市)が行う。

 本格イタリアンが味わえる同店は、モーニングタイム(7時30分~11時)、ランチタイム(11時~15時)、ティータイム(15時~17時)、ディナータイム(17時~22時)の4つの時間帯を設けている。昼は主婦や観光客、夜は30代の女性や家族連れの利用が多い。営業開始時間が早いことから、朝は通勤や散歩の途中に利用する人も。

[広告]

 メニューは、モーニングセット(600円~)、ランチセット(1,200円~)、ディナーコース(3,500円~)、生地からこねたフレッシュトマトとバジルのピザ「マルゲリータ」(1,150円)や1ドリンク付きの「Ponteデザートセット」(800円)ほか。地産地消を意識し、1品の中に広島県産の食材を取り入れている。

 ドリンクメニューは、コーヒー(400円)、アイスティー(400円)、ビール(500円)、ノンアルコールカクテル(500円)、グラスワイン(500円)など。

 水辺に溶け込むような外観を意識した同店の店舗面積は約50坪。席数は、店内=32席、ウッドデッキのテラス席=28席の計60席。ペット連れの利用も可能なテラス席は、ディナータイムを除き、利用客の半数が外国人だという。メニューブックの間には、英語で表記された「鶴の折り方」を記した紙を挟んでいる。集まった折り鶴は慰霊碑などに奉納するという。

 元安川を眺めながらビールやピザを味わう観光客も多い中、店長の難波浩司さんは「カフェだけではなく、料理でも勝負していきたい」と意欲をみせる。今後は、定期的にコンサートなどのイベントも行う予定。

 同所は1999年から昨年まで、水の都ひろしま推進協議会が春から秋までの期間限定でカフェを開設していた。老朽化や年間を通して営業できないなどの問題により、今回、常設店のオープンに踏み切った。公募審査の結果選ばれた、合人社計画研究所(袋町4)を代表に、建築会社の住創(三原市)、レストラン運営のアール・ブランチ(三原市)の3社が同店を手掛ける。

 営業時間は7時30分~22時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019