広島のオフィス街にイタリアンの新店-「リクエストにも応える」

写真=イタリアンレストラン「KENKICHI」外観

写真=イタリアンレストラン「KENKICHI」外観

  •  
  •  

 オフィスが立ち並ぶ袋町電停そばに6月27日、イタリアンレストラン「KENKICHI」(広島市中区大手町2、TEL 082-500-8259)がオープンした。

 通りに面したマンションの一角に出店した同店は、広い窓とスタイリッシュな外観が特徴。店舗面積は約28坪、席数はカウンター=5席、テーブル=32席。白で統一された店内には、アクセントのようにオレンジのテーブルクロスが色を添える。30代の女性をターゲット層に定め、「落ち着きのある店を目指したかった」とシェフの佐原健吉さん。

[広告]

 昼はランチ営業とし、パンとサラダ、日替わりパスタがセットになった「プリモランチ」(850円)、肉か魚のどちらか1品のメーンディッシュとサラダ、パンがセットになっている「セコンドランチ」(1,100円)の2種類のみ。いずれも100円追加でドリンクが付く。

 夜は、前菜やパスタ、デザートを選び、自分好みのコースを作ることができる「プリフィックスコース」(2,500円)の人気が高いという。肉料理には地産地消で広島県産のものを使用。ドリンクメニューは、生ビール(550円~)、カクテル(600円)、ソフトドリンク(400円~)、ヨーロッパの赤・白ワイン(2,400円~)などで、ノンアルコールカクテル(600円)も充実させる。客単価は、昼=850円、夜=3,000円~4,000円。

 貸し切りも可能で、すでに結婚式の2次会利用も多い同店。キッチンは男性シェフ2人で切り盛りする。メニューに載っていないものでも、良い材料が入れば創作メニューとして提供している。「リクエストにも臨機応変に応えるのでいろいろなシーンで利用してもらえれば」(佐原さん)と話す。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~22時30分。水曜定休。

広島・横川駅北にフレンチパスタメーンのレストラン(広島経済新聞)キツラノエリアにイタリアン「trattoria」-神戸牛ミートボールパスタ人気に(バンクーバー経済新聞)バルニバービ、「キャナルテラス堀江」に大型フレンチ・イタリアン店(なんば経済新聞)東銀座にイタリアン食堂-パスタ世界チャンピオンの一番弟子による生パスタ(銀座経済新聞)築105年の米蔵にイタリアンレストラン-蒲生の住宅街に登場(京橋経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019