3密を避けて新しい生活様式へ!

フルドール、幟町にイートイン・カフェを備えたベーカリー店

「カフェ・デ・フルドール」入り口から見た店内の様子。奥にイートインスペース。

「カフェ・デ・フルドール」入り口から見た店内の様子。奥にイートインスペース。

  • 0

  •  

 「ワンコインベーカリー」「リトル・マーメイド」などのベーカリー店を展開するフルドール(広島市安佐北区)は2月5日、広島・幟町に「カフェ・デ・フルドール」(中区幟町、TEL 082-224-3758)をオープンした。

 店舗面積は24坪で、席数は8席(テーブル4卓)。同社初のイートインスペースとなるカフェを設けたのが特徴。「モスバーガー」跡地に構えた同店は住宅街に位置していることから、「これまでの都心店舗とは違ったターゲット層を見込んでいる」(同社)という。

[広告]

 同店のテーマは「ライブ感のあるパン屋さん」(同店の尾崎店長)。焼き上がったパンを鉄板のままディスプレーできるようオープンキッチンにした店内にはパンやサンドイッチ約40種類が並んでいる。「フルドール」の店名は、フランス語で「パンを焼く大きい釜」の意味が込められているという。

 メニューは、パン=「幟町あんぱん」(157円)、「デニッシュメロンパン」(157円)、「ロースカツサンド」(493円)、「全粒グラム食パン」(1斤、315円)、ドリンク=「コーヒー」(210円)、「アイスカフェラテ」(315円)ほか。

 尾崎さんは系列店で販売員として5年間勤務した後同店店長に抜擢された。「製造は経験していないが、最前線でお客様の声を拾えるのが魅力。最前線でニーズを拾い、商品化につなげたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は7時30分~19時30分。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home