見る・遊ぶ 学ぶ・知る

映画「ドライブ・マイ・カー」の広島ロケ地マップ 高速4号線や大崎下島など

映画「ドライブ・マイ・カー」のワンシーン。(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

映画「ドライブ・マイ・カー」のワンシーン。(C)2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会

  • 82

  •  

 広島フィルム・コミッションが現在、映画「ドライブ・マイ・カー」のロケ地マップを公開している。

[広告]

 村上春樹さんの同名短編小説を濱口竜介監督が映画化した同作品。1月9日には、第79回ゴールデン・グローブ賞で日本映画としては62年ぶりとなる非英語映画賞を受賞したほか、第74回カンヌ国際映画で脚本賞など、全4冠を達成している。

 劇中では、広島市中心部と市中心部から北西約5~10キロの距離にある都市拠点「西風新都」を結ぶ広島高速4号線トンネルや平和大通り、広島みなと公園付近、安芸灘大橋、大崎下島などが街並みとともに「たっぷりと」登場する。映画を支援した広島フィルム・コミッションが昨年8月、ロケ地巡り、ロケ地ドライブを楽しんでもらおうとグーグルマップを使ったデジタルロケ地マップを公開した。

 マップでは、ロケ地だけでなく、主演の西島秀俊さんや三浦透子さんが運転する真っ赤な車体が特徴的な「サーブ900ターボ」が走り抜けた道やエピソード、予告編などを紹介する。映画を見る前や見た後にも楽しめるという。

 現在、広島県内で同映画を上映する映画館は、八丁座(広島市中区胡町)、「広島バルト11」(安芸郡府中町)、「T・ジョイ東広島」(東広島市西条町)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース