見る・遊ぶ 学ぶ・知る

広島城でライトアップイベント 天守閣からお月見楽しんで

開館延長を行う広島城。現在は乳がん啓発の「ピンクリボン月間」に合わせピンク色でライトアップしている

開館延長を行う広島城。現在は乳がん啓発の「ピンクリボン月間」に合わせピンク色でライトアップしている

  • 22

  •  

 秋の夜長にお月見を楽しんでもらおうと広島城(広島市中区基町、TEL 082-221-7512)が10月20日、「お月見ナイトミュージアムin広島城」と題して開館延長を行う。

[広告]

 通常は18時閉館する広島城天守閣だが、中秋の名月(十五夜)には毎年、開館延長を行っている。今年は中秋の名月が緊急事態宣言に伴い休館中だったため、時期をずらして満月となる同日に開催を延期した。

 館内はレイアウトを変え、特別仕様で出迎える。同館は「天守閣の上から月を眺めるもよし、ゆっくりと展示を見て回るもよし。普段は入ることのできない夜のお城を楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。広島城は23日まで、乳がん啓発の「ピンクリボン月間」に合わせピンク色でライトアップしている。

 開館時間は20時まで(受け付けは19時30分まで)。天守閣への入場は観覧料が必要。大人=370円、高校生・シニア=180円、小中学生無料。

 同日は最寄りの広島護国神社で疫病鎮圧と健康長寿を願った「観月祭」が18時から開催される。場内にろうそくを灯し、18時30分からは巫女(みこ)舞も披露する。観覧無料。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース