食べる 買う

島根に「はまだお魚市場」 「しまねお魚センター」を改修、愛称刷新

「しまねお魚センター」から愛称を「はまだお魚市場」に変えた山陰浜田港公設市場。商業棟は今夏のオープンを予定する

「しまねお魚センター」から愛称を「はまだお魚市場」に変えた山陰浜田港公設市場。商業棟は今夏のオープンを予定する

  • 57

  •  

 第一ビルサービス(広島市中区大手町5)が指定管理を行う山陰浜田港公設市場「はまだお魚市場」(島根県浜田市、TEL 0855-23-7111)の仲買棟が3月21日にオープンする。

 2019年5月に閉店した「しまねお魚センター」を改修し、施設の愛称を刷新した。市場は、鮮魚を取り扱う13店が入る仲買棟と、土産販売やフードコートなどから成る商業棟で構成し、商業棟は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から夏頃以降のオープンを予定する。

[広告]

 市場では、島根県唯一の特定第3種漁港「浜田漁港」で水揚げされたノドグロやアナゴなど、旬の鮮魚や水産加工品、地元農産品、特産品などを取り扱う。商業棟の1階フロアでは、伝統工芸品「岩見焼き」や「どぶろく工場」を併設し、出来たての酒を販売する。2階フロアには、フードコートを設け、漁港で水揚げされた水産品を使った海鮮丼や洋食などのメニューを味わえる。

 仲買棟の営業時間は8時~15時。土曜、市場公休日は休場。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース