食べる 買う

広島で新たなフードデリバリー「フードパンダ」 広島市内でサービス提供へ

渡辺直美さんが出演する「フードパンダ」のテレビCM。配達員が背負うピンク色の配達バッグには、大きなパンダのイラストを描く。

渡辺直美さんが出演する「フードパンダ」のテレビCM。配達員が背負うピンク色の配達バッグには、大きなパンダのイラストを描く。

  • 14

  •  

 フードデリバリーサービス「foodpanda(フードパンダ)」が10月、広島市内の一部エリアでサービス提供を始めた。

 フードパンダは、「Delivery Hero(デリバリーヒーロー)」(本社=ドイツ・ベルリン)が手掛けるオンラインフードデリバリーサービス。世界39カ国で展開しており、日本では、「Delivery Hero Japan(デリバリーヒーロージャパン)」(東京都港区)が運営する。

[広告]

 国内のサービス提供地域は、広島のほか、横浜、名古屋、神戸、福岡、札幌の6カ所。広島では、広島市内の一部エリアで10月1日にサービスを開始した。配達対応エリアは、中区、西区、南区、東区で、広島駅周辺を中心に東西約6キロ、南北約5キロで注文を受け付ける。

 注文は、Uber Eats(ウーバーイーツ)やWolt(ウォルト)と同様に、アプリから行う。料理のジャンルは、ファストフード、和食、洋食、イタリアンなどがあり、注文後は提携する配達員が25分以内に届ける。今後は、食品や日用品を25分以内に配達する「q-コマース事業」の導入も検討する。

 営業時間は8時~24時。