買う 暮らす・働く

広島市内の百貨店が営業時間をさらに短縮 新型コロナで「当面の間」

そごう本館地下1階シャレオ側入り口にもA3サイズの張り紙を掲出して、営業時間を告知する

そごう本館地下1階シャレオ側入り口にもA3サイズの張り紙を掲出して、営業時間を告知する

  • 102

  •  

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い4月7日、7都府県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、広島市内の百貨店では営業時間をさらに短縮している。

食品レジでも間隔をあけて並ぶように呼び掛ける

 各店では、2月25日に厚生労働省が公表した「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」や政府が3月26日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府対策本部を設置したことを受けて順次、営業時間の短縮に踏み切り、継続してきたが、発令を受けて取り組みを強化する。

[広告]

 そごう広島店(広島市中区紙屋町)では、3月3日に営業時間の変更を始めたが、新たに今月8日から当面の間、全館で11時~18時に短縮する。店内の一部会場では、来場時にマスクの着用を呼び掛け、持っていない場合はハンカチなどを使い、周囲へ配慮するように促す。

 福屋(中区胡町)でも、3月3日に時短営業を始めた。今月9日からは、八丁堀本店、広島駅前店、食品館フレッドほか、五日市、尾道、呉などの店舗を対象に当面の間、営業時間を11時~18時に変更する。店舗によっては、最大で3時間の短縮となる。八丁堀本店南館の「叙々苑」や病院、ネイルサロン、映画館「八丁座」は通常通り営業するほか、東館のレストラン「アンダーザスカイ」は11時~21時となる。

 広島三越(中区胡町)も3月2日から当面の間、平日のみ営業時間を10時30分~19時に変更してきたが、今月6日からは土曜・日曜も対象に実施する。天満屋広島緑井店(安佐南区緑井5)では、3月8日から、営業時間を11時~19日に短縮した。今月7日までの実施予定だったが、今月14日まで延長する。

Stay at Home