見る・遊ぶ

広島のギャラリー前で毎週木曜にライブ 月替わりで若手アーティストが登場

アーバンビューグランドタワー東側公開空地で10月にライブを行った柔和智也さん

アーバンビューグランドタワー東側公開空地で10月にライブを行った柔和智也さん

  •  

 広島市内の展示スペース「ギャラリーG」(広島市中区上八丁堀)そばのアーバンビューグランドタワー東側公開空地で12月20日、若手アーティストがライブや創作発表を行う「上八丁堀Dream thater(ドリームシアター)」が開催される。

 美術館や縮景園、広島城などの文化スポットに近いエリアの魅力を生かし、市民交流の場である公開空地でにぎわいを創出しようとアランビックが企画する。10月から毎月、さまざまなジャンルのアーティスト1組をピックアップし、毎週木曜の17時30分から19時ころまで2部構成で開く。

[広告]

 広島市内を走る路面電車「白島線」の電車内からイベントの様子も見えるため、毎週同じ時間帯に継続開催することで周辺住民に向けて、イベントを発信する。中には毎週足を運ぶリピーターの姿もある。

 12月は不定期開催となり、年内は20日が最後という。出演アーティストはギター弾き語りを行うmaaさん、2人組弾き語りユニット「飴色りぼん」。

 開催時間は、1部=17時30分から、2部=18時30分から。観覧無料。