見る・遊ぶ

広島・尾道で船上劇場「STU48号」の改造工事始まる 来年春に完成へ

工事着工前に貨物船として使っていた船舶

工事着工前に貨物船として使っていた船舶

  •  

 瀬戸内を拠点とするアイドルグループ「STU48」が瀬戸内7県の港を巡り、船上劇場スタイルで公演を行う船舶「STU48号」の工事が広島・尾道で進んでいる。

STU48 号をメンバーの中で初めて見た福田朱里さん

 主に貨物船として使っていた船舶の船名を「STU48号」に変更し、11月に尾道市因島で船上劇場部分の改造工事を開始している。

[広告]

 船舶のサイズは全長77.8メートル、全幅12.5メートル。収容人数は370人規模で、約300人の観客を想定する。母港や寄港先などは現時点では未定。

 2019年春の完成を目指す。