食べる

広島で「レモンサワーフェスティバル」 インスタ映えする「進化系」も

全国7会場で展開する「レモンサワーフェスティバル」。写真は他会場の様子

全国7会場で展開する「レモンサワーフェスティバル」。写真は他会場の様子

  •  

 広島市中央公園(広島市中区基町)で10月27日・28日に行われる「ひろしまフードフェスティバル」内で「レモンサワーフェスティバル」が開催される。

 レモンサワーフェスティバルは2017年に東京・中目黒で初開催し、2018年は東京や大阪、仙台、名古屋、札幌、福岡、横浜の全国7カ所で開き、累計6万5000人以上を動員している。広島では今回が初めて。

[広告]

 レモンサワーにこだわっている地元の飲食店が出店し、甲類焼酎と炭酸にレモンというスタンダードな「元祖系レモンサワー」や、写真映えやドリンクの色が特徴的な「進化系レモンサワー」を提供するほか、100通りのレモンサワーが楽しめるブースを設ける。

 出店するのは常太郎(南区稲荷町)、炭火串焼白虎(中区胡町)、炭火やきとりコンガリナ(中区本通)、小さな中華バル(南区猿猴橋町)、龍's dining 力(中区鉄砲町)の5店舗。レモンサワーは1杯400円~500円。レモンサワーに合う呉ねぎ焼きや唐揚げ、中華そば、手羽先、とり天などのフードもそろえ、1品500円前後で販売する。

 開催時間は10~17時。入場無料。