インテリア店「ウニコ」が中四国初出店-200アイテムをディスプレー

写真=「unico(ウニコ)広島」外観

写真=「unico(ウニコ)広島」外観

  •  
  •  

 ミサワ(本社=栃木県宇都宮市)は2月14日、直営インテリアショップ「unico(ウニコ)広島」(広島市中区紙屋町1、TEL 082-546-0632)をオープンする。11店舗目となる同店は、中四国初出店。

 全国で最大売り場となる同店の店舗面積は約110坪。白とベージュ色の壁にはラグや時計などがディスプレーされており、緩やかなアーチで区切られた天井からは照明がいくつもつり下げられている。オリジナル家具は、ファブリック・雑貨などと一緒に展示され1つの部屋のような空間を使ってライフスタイル提案を行う。

[広告]

 商品は、4つの引き出しが横に並んだオーク突板を使用した「ロングキャビネット」(83,790円)、16色のカバーを選べる「ブロードカバーリングソファー」(102,900円)、ダークブラウンの木目をメーンにステンレス素材を施したデザインの「キッチンボード」(138,000円)、柄、毛足の長さ、サイズをオーダーできる「オリジナルラグ」(29,000円~)など約200アイテム。

 メーンターゲット層は、20代半ば~30代のカップルやファミリーで、ブライダル需要や新居購入者向けに対応した「シンプル」なシリーズ展開が特徴。同店の伊東店長は「家で楽しんでもらえるような空間作りのお手伝いができれば」と話している。

 営業時間は11時~20時。

インテリア店「ウニコ」が吉祥寺に出店-オリジナルファブリックも充実(吉祥寺経済新聞)そごう広島店に総合インテリアフロア-1千万円のホームシアターも(広島経済新聞)

  • はてなブックマークに追加