広島駅ビル「アッセ」3階が全面リニューアル-過去最大規模に

画像=広島駅ビルASSE3階フロアイメージ©ASSE

画像=広島駅ビルASSE3階フロアイメージ©ASSE

  •  
  •  

 広島ステーションビル(広島市南区)は3月12日、広島駅ビルASSE(アッセ)3階フロアを全面リニューアルオープンする。

 同社は「都市生活者への上質な生活提案」をコンセプトに、2005年12月から段階的に4階、5階、1階のリニューアルを行ってきた。

[広告]

 過去最大規模となる今回のリニューアルは、広島駅改札口と直結している3階フロアをメーンに行う。床はフローリング風に仕上げ、一部はカーペットを敷き、天井は間接照明を多用するという。テナントは、レディスブランド「インデックス」「ジャイロ」「アースミュージック&エコロジー」ほか、雑貨店「アフターヌーンティー・リビング」やコスメブランドの「フランス屋」など16店舗が新規出店し、既存店の「クリアインプレッション」「オルビス」「ファンケルハウス」など10店舗の改装も行う。

 3階フロアの全面リニューアルに合わせて、4階・5階も部分リニューアルする。4階=レディスブランドの「イング」、レディスインナーブランド「ロリアンミル」など4店舗、5階=コスメブランド「マークスアンドウェブ」、独自の商品を展開する総合専門店「和真メガネ」(=ともに中国地方初出店)の2店舗が新規出店する。コアターゲット層は、駅を利用する20代後半~30代の働く女性。

 今回のリニューアルで、2005年に始まったリニューアル計画はすべて完了する。「今後は広島駅周辺の再開発をにらんで、食料品のフロアのリニューアルを検討したい」と同社営業開発課長の河原畑さんは話している。

広島駅ビル1階をリニューアル-駅利用のOL客ターゲットに(広島経済新聞)アッセに南仏コスメ「ロクシタン」広島1号店-働く女性ターゲットに(広島経済新聞)洋菓子の人気店「パステル」が駅ビルに出店−広島1号店(広島経済新聞)広島駅ビルASSE

  • はてなブックマークに追加