広島でも平昌冬季オリンピックを応援 そごう広島で速報写真展も

平昌冬季オリンピックのスピードスケート女子1000メートル銀メダリストの小平選手が昨年3月、所属する相澤病院の施設・ヤマサホールで行った報告会の様子

平昌冬季オリンピックのスピードスケート女子1000メートル銀メダリストの小平選手が昨年3月、所属する相澤病院の施設・ヤマサホールで行った報告会の様子

  •  

 広島市内の百貨店やレストランなどで現在、平昌冬季オリンピックに合わせた写真展や応援企画が行われている。

 そごう広島店(広島市中区紙屋町)は今月16日から、本館9階でオリンピック速報写真展を開く。メダルが期待される競技を中心に、冬季オリンピック日本選手団の活躍を収めた臨場感あふれる速報写真をパネル展示する。初日には開会式やショートトラック女子3000メートル、フィギュア団体、フリースタイルモーグルなど約10枚を飾り、順次展示点数を増やすという。

[広告]

 スピードスケートの女子個人1500メートルで銀メダルに輝いた高木美帆選手や日本女子で初めてスキージャンプ女子ノーマルヒル個人で銅メダルを取った高梨沙羅選手らの写真も初日から展示する。

 広島市文化交流会館(中区加古町)のレストラン「リバースガーデン」ではランチまたはディナービュッフェを利用した小学生と3歳以上の子どもにオリンピック缶バッジが当たるスクラッチカードを配る。カードやバッジが無くなり次第終了する。このほか、HNK広島の3階ハートプラザではオリンピックの録画や生中継を8Kで観戦できる。

 写真展の開催時間は10時~20時(最終日17時まで)。今月20日まで。観覧無料。