見る・遊ぶ

広島・宮島口に豪華寝台列車「瑞風」 約500人が出迎え、県内観光レディも

「瑞風」の立ち寄りを歓迎する広島県内の観光レディ

「瑞風」の立ち寄りを歓迎する広島県内の観光レディ

  •  
  •  

 山陽・山陰を周遊する豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」が6月26日、立ち寄り観光のためJR宮島口駅(廿日市市)に到着した。

「瑞風」が停車した宮島口駅

 駅ホームには列車を歓迎しようと約500人が集まり、手旗や横断幕などで乗客約30人を出迎えた。広島県内のマスコットキャラクターや観光親善大使、観光レディらも駆けつけ、宮島口駅での「おもてなし」を盛り上げた。

[広告]

 乗客は宮島口駅に設けた専用出入り口から宮島観光のため、専用バスでフェリー乗り場まで移動。島内を観光後は尾道方面に向け、再び列車が出発する17時33分前にもホームに居合わせた駅利用者らがスマートフォンなどで列車を撮影する姿が目立った。

 宮島口駅では瑞風の立ち寄りに合わせて外観やコンコースを整備し、駅構内には廿日市市産の木材を使ったデザインも取り入れている。

 瑞風の乗車料金は1泊2日27万円から。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019