見る・遊ぶ 買う

広島の百貨店が「カープ応援福袋」 観戦グッズ豊富、販売数も増量

第8弾となる「カープ応援福袋」のラインアップ

第8弾となる「カープ応援福袋」のラインアップ

  • 0

  •  

 広島の百貨店「福屋」(広島市中区胡町)は12月3日から、カープとコラボした「カープ応援福袋」のオンライン販売を始める。

 毎年恒例となっているオリジナルデザインの観戦グッズをそろえた福袋の第8弾。今回は「球場で観戦する際に大活躍するカープグッズ」をテーマにした観戦福袋と、「毎日の生活の中で大好きなカープを応援しよう」がテーマのキッズ福袋の2種類をそろえ、リーグ優勝で高まるカープ熱に応えようと販売数を昨年の1000個から3000個に増量した。

[広告]

 観戦福袋に汚れにくいクリアトートバッグ、コイの滝登りをイメージした「カンフーバットケース」、チケットホルダー、折り畳みクッション、カープ坊やとカープ女の子をあしらった大判タオルの5点セット。キッズ福袋にも観戦福袋と同じく、クリアトートバッグと「カンフーバットケース」が入り、スラィリーデザインの弁当箱や箸入れ、水筒、ハンドタオルが加わる。

 福袋の内容やデザイン、価格は同社のカープファンで若手・中堅社員から成る実行委員会メンバーが決めている。来シーズンのリーグV8、日本シリーズ制覇への期待も込め、子どもから大人まで楽しめるラインアップにしたという。

 販売数は観戦福袋2000個、キッズ福袋1000個の計3000個。オンラインでは観戦福袋1500個、キッズ福袋800個を販売し、残りは1月2日に福屋広島駅前店(南区松原町)の初売りで販売する。

 販売価格は観戦福袋=8,900円、キッズ福袋=8,000円。10時より福屋オンラインストアで受け付けを始める。